読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらVPS に Funtoo Linux をインストール

さくらのVPSに Funtoo Linux をいれた。

先日 VirtualBox 上に Funtoo Linux をいれたのですが、興奮冷めやらぬうちに借りてるだけだった VPS にいれてみた。

基本的には公式のインストールガイドのとおりで問題ないと思うのだが、インストールガイドと違う部分多少あり大変だった。

なので、その違いを章?チャプター?ごとにメモした。

注意事項

  • US配列のキーボードだと VNC 上で =_ が打てなくて地獄をみた。(結果 SSH で接続した)

事前準備

  1. http://www.sysresccd.org/ から SystemRescueCd の iso イメージをダウンロード
  2. ダウンロードしてきた iso イメージを Sakura VPS のコントロールパネル > OS再インストール > ISOイメージインストール 上に SFTP でアップロード。

Pertitioning Using gdisk

パーティションをきる際に指定する、 disk が

/dev/vda

すでになにか入っていた場合は、fdisk

Installing the Stage 3 tarball

まず、 net-setup でインターネットにつなぐ。

本来は英語だが、以下の通りに指定する。

  • 有線
  • マニュアルで指定

ここまで指定すると IPアドレス等に加え、ブロードキャストアドレスが必要なので以下のサイトで計算した。 http://www.rescue.ne.jp/study/ipcalc/

US 配列の場合はsshでつなぐのをお勧めします。 どうしても、SSHしたくないなら elinks funtoo.org で stage3 をダウンロード。

Configuring your system

  • fstab は要編集!!!

fstab 内の /dev/sda な部分を書き換え忘れて、カーネルパニック発生しました。

  • /etc/localtime は東京に設定
ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
  • MAKEOPTS はプロセッサの数に +1

Configuring and installing the Linux kernel

wiki ではdebian-sourcesを使用していたが、今回はgentoo-sourcesを使用した。/etc/portage/package.useに以下を書き込む

echo "sys-kernel/gentoo-sources symlink" >> /etc/portage/package.use

usr/src/linuxに最新のカーネルのシムリンクをはってくれる

emerge -av gentoo-sources
cd /usr/src/linux
make nconfig

nconfig の際に xfs をカーネルに組み込むのと、

KVM の guest 用に必要な設定を組み込む。 QEMU/Linux guest

make
make install modules_install
cd /boot
ln vmlinuz-3.9.2-gentoo vmlinuz

Installing a Bootloader

サーバーにおけるネットワークの作成はServer Nerwork Configurationの通り書いた。

emerge boot-updateの後 boot.conf を以下のサイトを参考に書き換えた。

boot.conf

boot {
        generate grub
        default "Funtoo Linux" 
        timeout 3 
}

"Funtoo Linux" {
        kernel vmlinuz
        params += console=tty0 console=ttyS0,115200n8r
}

後は、サイトの手順どおりにやれば平気だったはず。

最後に

今回も、@ さんありがとうございました。

毎晩突き合っていただき感謝しています。