読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チンカスもびっくりなレガシーPHP


レガシーPHPに真正面から立ち向かい@さんが本気コーディングしているので、
ぼくもがんばらなきゃという感じですが、
その意気込みを否応無しに打ち砕いてかれたワンシーン。

1. if文の条件がおかしい。

<?php if($hensuu['Zikan'] == '--------------------------'){ ?>

メールの署名欄?
かりにものこの値がかえってくるのなら逆にすごい。
つかわないなら消すべし。

2. else の処理が100行超え、インデントがバラバラでタブが定期的に混じってカオス。

<?php

function index() {
    if ($hoge == 0) {
      do something...
    } else {
        do something
        do something
          do something
        do somethig
      do something
        //do something
   do something
       ......
       ....
       ...
       ..
       ..
       .
    }
}

3. on off のフラグが 1,2

せめて0じゃないのかな。

最後に

自分の経験が浅いからなのか心が折れそうです。
いまいじってるコントローラーも2000行ちかくあり、ハッシュの値をいじるのに
画面いっぱいに

<?php 
$data = array(
              'key' => ['hoge1']['huga']['piyo'],
              'key' => ['hoge1']['huga']['piyo'],
              'key2' => ['hoge11']['huga']['piyo'],
              'ke' => ['hoge111']['huga']['piyo'],
              'key' => ['hoge11']['huga']['piyo'],
              'ke2y' => ['hoge11']['huga']['piyo'],
                'keey' => ['hoge1']['huga']['piyo'],
              'key' => ['hoge1']['huga']['piyo']
               )
?>

みたいなコードが展開されレオナルド・ダ・ヴィンチもびっくりな美しい絵画のようでした。
感動ですね。
でも、長ったらしい処理、同じような処理とかまとめたりして短くできるとキモチくて楽しい。